• ホーム
  • 世界のED治療薬マーケット

世界のED治療薬マーケット

ロマンチックなカップル

もともとは狭心症治療薬として開発されたバイアグラ、副作用の勃起促進効果の方が注目され、1998年、アメリカで発売されると社会現象にまでなりました。
世界のED治療薬マーケット、昨年のバイアグラの売り上げは19億ドル。
安価なジェネリックバイアグラの登場は売り上げに影響を与えることは間違いありません。
現在、医師の処方箋が必要なバイアグラの値段は、各国のバイアグラ特許切れの影響で、アメリカでは1錠15から20ドル、日本でも1500円前後ですが、ジェネリックの登場で1錠あたり10ドル近く下がると言われています。
また、ジェネリックバイアグラはレヴィトラなど、他のED治療薬も価格競争に巻き込むと言われています。
ジェネリックでは価格が安いかどうかがポイントになる。
最も安いのはハンミ薬品のパルパル錠で、50ミリグラム1錠で2500ウォン。
新薬の5分の1程度だ。
5月に出たCJ第一製糖やイルドン製薬などの製品は50ミリグラム基準で3000ウォン前後です。
ジェネリックは化学成分は同じだが、形状がポイントになる。
新薬が錠剤であるのに対し、CJ第一製糖のヘラグラは粉末状で体内での吸収速度を高めた。
口内で溶けやすいフィルムタイプも投入する予定です。
しかし、バイアグラのジェネリックが、バイアグラ新薬のシェアを奪取できるかといえばそうではない。
製薬関係者はバイアグラ新薬への信頼度は依然として高い。
バイアグラ以外の勃起不全治療薬が持つシェアを食うか、あるいは偽バイアグラを駆逐することにとどまるかもしれないと予想する。

最近の投稿
人気記事一覧